GMOコインの手数料は?

仮想通貨を取引する際に気になるのが、手数料です。
手数料が変に取られてしまうとなると、折角の利益も無駄になってしまいかねません。
「日本の取引所は手数料が高い」との話も出ており、気が気でない方もいらっしゃるでしょう。
ではGMOコインの手数料はどうなっているのか、探ってみました。

GMOコインの取引手数料は、無料となっています。
どんなに売買をしても、手数料が引かれることはありません。
その変わりスプレッド分に関しては、がっつりと引かれます。
スプレッドとは、買値と売値の差のことです。
例えば1ビットコインの買値が100万円で、売値が90万円になっていたとしましょう。
この時の差額は10万円となり、スプレッドとしてGMOコインへと支払われます。
ちなみにスプレッドは固定されておらず、その時によって変動します。
取引する際には、スプレッドに目を光らせておくようにしましょう。

もちろんスプレッドだけでなく、入金・出金も手数料がかかります。
でもGMOが指定している銀行から即時入金を行うと、手数料は無料になります。
ちなみに最低入金額は1回につき1000円・最高金額は1回につき1000万円です。
ちなみにペイジーも無料です。
ペイジーとはGMOコインが定めている銀行から、ネット振込より入金することです。
現在所有している口座からも、GMOコインへの振込は可能です。
ただし口座振込の場合、振込元の銀行が指定している手数料がかかります。
なお出金手数料は、日本円であれば無料となっています。

さらにGMOコインでは、FXの取引も可能です。
仮想通貨のFX取引とは、運営会社に証拠金を預けて証拠金を元に仮想通貨の取引を行います。
本来ならば証拠金の分でしか、取引はできません。
例えば10万円を証拠金として運営会社に預けたのなら、10万円分の取引しかできないことになります。
そこでレバレッジをかけることにより、より多くの利益を得るという訳です。
例えばレバレッジが10倍になっていたのならば、証拠金の10倍の金額を取引することが可能となっています。
FX取引も、GMOコインでは無料となっています。
ただしレバレッジ手数料は建玉ごとに0.05%かかるので注意して下さい。

なお手数料の金額は、変更になることがあります。
今まで無料としてきた手数料も、有料になるかもしれません。
あくまでも参考程度として留めておき、詳細についてはGMOコインのホームページをチェックして下さい。