▼ 目次

「仮想通貨」をはじめたいときは取引所を利用しましょう

「仮想通貨」という言葉がクローズアップされ、興味を抱いている方も多いでしょう。
中には「自分もやってみたい」と、思っている方もいらっしゃるかもしれません。
仮想通貨を始める方法は色々ですが、最も手っ取り早い方法といえば取引所を利用することです。

取引所は GMOコインがオススメ

ただ取引所と一言で言っても色々ありますが、生まれて初めて仮想通貨を手にする人ならばGMOコインがオススメです。

仮想通貨の取引をものすごく簡単に説明すると、「買う」か「売る」の二者択一になります。
当たりを引くのは1/2の確率で、10回取引をすれば5回は必ず当たりを引く計算になります。
しかしこの二者択一が、中々の曲者です。

仮想通貨の価格は、ふとしたことで大きく動くことがあります。
金融の世界において絶対的権力がある人が、「仮想通貨は詐欺だ」と発言しました。
そして自身の会社で働いている社員に対して、「取引をした人はクビにする」とまで言っていました。
この発言が引き金となり、仮想通貨の価格は大きく値を下げたことがありました。
仮想通貨は、個人の発言1つで動くのです。
これが「国が仮想通貨対策に乗り出した」とニュースが出ればどうなるか、説明するまでもないでしょう。

価格が上昇しているからと仮想通貨を売りに出そうとすると、逆に大きく値を下げて大損をすることはよくある話です。
価格が下落しているからと仮想通貨を購入しようとすると、なぜか急に価格が上がることもあります。
仮想通貨の価格が将来的にどうなるのか、未来を見通す力を持っているのならば話は別です。
でも仮想通貨の価格が将来的にどうなるかは、投資のプロでも難しいものです。
投資のプロが難しいと感じている世界に飛び込むことになるので、素人では到底太刀打ちできるハズがありません。

でもGMOコインであれば、今まで投資の「と」の字もしたことがない人でも、簡単に取引することが可能です。
「GMOコインは取引所」ととれる内容を冒頭に記したものの、正しくは取引所ではなく販売所になります。
販売所とはGMOコインを運営している会社から、仮想通貨を売買する所を言います。
選択肢は当然ながら、「買う」か「売る」かの二者択一です。
仮想通貨が欲しいと思ったのならば「買う」を選択し、売りたいと思ったのならば「売る」を選択するだけです。
難しい投資の知識がなくても取引できるので、仮想通貨はもちろん投資初心者でも安心して使える販売所となっています。

そしてもう1つおすすめしたいポイントは、セキュリティです。
仮想通貨のセキュリティに関しては、不安の声が出ています。
2018年には国内取引所で大規模な仮想通貨流出事件が発生し、「仮想通貨は危険なもの」と広まってしまいました。
仮想通貨に手を出すぐらいならば、タンスの奥にお金を保管した方が効率的と考える方もいらっしゃるでしょう。
でもGMOコインのバックについているのは、インターネット事業大手会社です。
ネットワークセキュリティについては、どこの取引所よりもノウハウがしっかりしています。
24時間365日常にネットワークを監視しており、万が一何か動きがあれば即座に対応してくれます。
また顧客から預かった資産を守るため、会社資産と分別して管理を行っています。

またコールドウォレットも完備されており、万が一ハッキング被害に遭ったとしても被害は最小限に食い止められるようになっています。
コールドウォレットとは、オフライン上にある財布のことです。
オフラインにあるので、ハッカーがどんなに頑張っても侵入することは不可能です。

ただGMOコインでは、ネット上にある財布であるホットウォレットを使うこともあります。
ホットウォレットの場合、ハッカーに目をつけられると盗まれる恐れがあるので油断なりません。
でもホットウォレットの利用は、厳重な管理の元で行われます。
例えて言うのならば、門の前に何十人の屈強な男達によってガードされているようなものです。
例えホットウォレットを使うことになっても、余程のことがない限りは盗まれる心配はありません。

しかし徹底したセキュリティを誇っているGMOコインですが、デメリットがあるのも事実です。
金融庁から業務改善命令が下され、利用者達に不安の種を撒いてしまうことになりました。
問題になったのはセキュリティではなく、システムそのものにあります。
GMOコインは度々システム障害を起こし、利用者からは不満の声も上がっていました。
しかし不満の声が上がっていたにも関わらず原因究明に乗り出さず、改善もされていません。
このことが金融庁の目にとまってしまい、業務改善命令の処置が下されました。

さいごに

今後GMOコインが業務改善命令について、どう対処するかはハッキリしていないのは正直な所です。
しかし超有名企業が後ろ盾についている以上、下手なことは絶対にできないでしょう。
サービス内容については変わっておらず、仮想通貨の取引は滞りなくできるようになっています。